<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

ちんちろ舞い
「てんてこ舞い」のことを、博多弁では「ちんちろ舞い」と言ういうことを、数年前、地元制作映画の紹介で知ったのですが、実際に耳にしたことは一度もありません。
そして、「ふーたらぬるい」という言葉が佐賀弁なのか長崎弁なのかも微妙に気になっていたり。
ちなみに小説の中では、「『パチモン』という言葉はよく耳にするものの、全国区の言葉ではありませんので」という編集サイドからの指摘を受けて、校正段階でカットしたことがあったんですが、それはともかくとして。


日々ちんちろ舞いな状態で、サイトのファイルをいじる余裕がないので、ひとまずはこのブログにて、今後のスケジュールのお知らせを。

次の文庫は11月刊、王宮ロマンス革命「姫君と踊るかりそめの春の都」です。
最近の文庫に比べて、100枚(400字詰め原稿用紙で換算)ほど多いです。
いろんなひとがそれぞれに本領発揮した結果、みっちり感ただよう一冊に。

雑誌コバルト12月号では、10月号で書いた「叶わない明日のための太陽」の続編でもある読み切り短編を。
こちらは、前作(10月号)よりも「やいのやいの感」が増してるかと。

そして、来年1月刊は「姫神さま」です。
文庫未収録の平安晴明編+書き下ろし話ふたつという構成で、書き下ろし話のうちのひとつは、「カイさん一家・熊野里帰り編」です。
この一冊が出せるのは、これまで「姫神さま」を手にとっていただいた方々、そして、「雑誌掲載したお話の文庫化はないのですか?」というお声を寄せつづけてくださった方々のお蔭というより他にありません。
本当にありがとうございます…!(感涙)


年明け以降のスケジュールも既にいろいろ目白押し状態なのですが、それについてはまた、秋の深まりしころにでも。


映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌」を観に行く予習として、ここのところ、ピアフのベストアルバム(輸入盤の二枚組)を聴いてます。
ただ、輸入盤の英語解説書なんてさっぱり読めない&輸入盤は歌詞カード無しなので、日本語解説付きのベストアルバム(輸入盤のベストアルバムの曲目から代表曲を厳選した一枚)も手元にあります…。
日本語の解説を読んでると、地元フランスでは、ピアフはロックファンからの支持も多い、とあって、「なるほどー」と妙に納得しました。
「彼女の声なら電話帳を読ませても素晴らしいだろう」とまで言われたピアフの歌声は、パンチ力満点で、唯一無二のものだと思います。
そんなわけで、映画、すごく楽しみです!

Posted by 藤原眞莉 at 02:32 | お仕事関連 | -

コバルト10月号発売中です
今回は、『叶わない明日のための太陽』という新作読み切り短編を書いてます。
ポップいノリでやいのやいの、というのが趣旨(?)のお話です。
どうぞよしなに。

イラストをお願いした虹雲さんは、私からのわかりやすいんだかわかりにくいんだか謎のキャラ説明を見事に絵で表現してくださってます。
ええ、若領主さんについて、「芸能人の●●と■■を足して、引退した▲▲選手で割ったような感じ」という譬えがしっかり通じたときのヨロコビといったら!(笑)



そんな一方、我がフジワラ家(仮)は、ひそかな緊張状態にあります。
というのも、姉の出産予定日が今日なので。
二度目のお産なので、産むほうも見守るほうもそれなりに落ち着いてるんですが、義兄(姉の旦那)はその予定日に限って遠方に出張、私は原稿でキュウキュウ中。
マイ母上は足が悪いので(近々手術予定)、母だけを産院に行かせるわけにはなんねえ、私も絶対いっしょに行かないと……ということで、もうほんと、緊張してます…。
でも、待望の女の子なので楽しみです。
個人的に、男の子はもういいです(ただいま四歳の甥っ子のあの怪獣ぶりは脅威)

Posted by 藤原眞莉 at 00:21 | お仕事関連 | -

8月刊「姫君を探すほころびの都」
王ロマ最新刊、ただいま発売中です。
どうぞよろしくです。

………と言って終わるしかないほど、今回は内容についてあまり触れられない内容です。
とりあえず、挿絵を入れる場所の入れかたがすごすぎなのは確か。でも、ある意味では親切設計かもしれません。

挿絵といえば。
デビューから十二年経った今でも、いったいどんな基準で誰が挿絵指定をしているのか、実は知りません。
きっと担当氏のお仕事なんだと思われますが……私のほうから「ココにお願いします!」と言ったことは一度もないです。一度ぐらい「ココに是非!」と言ってみたいですけど、今回はどこに入るのかな♪というワクワク感もまた捨てがたく。



話は変わって。
先日、メールでこのような質問をいただきました。

「万葉集と古今和歌集なら、どちらがお好きですか?」

数秒間考えてみました。
そして判明しました。
各書に収録されている和歌を、いま、ひとつたりとも思い出せません。
orz

そのようなわけで、回答は見送らせてください……ごめんなさい……。。。。。
でも実際に読み返したとしても、きっと、「それぞれによくてそれぞれに好き」という答えになるかと。

好きな詩人は?と訊かれたのなら、「与謝野晶子と中原中也と島崎藤村!」と即答です。与謝野晶子は、正しくは「歌人」ですけども。
近代詩といえば、去年、ホークスがプレーオフ第二ステージで敗退して激凹みしたときは、中原中也の「汚れっちまった悲しみに」をしみじみと読み返して、よりいっそうの悲しみにうちひしがれていました……(完全実話)。



ところで、たったいま気がつきました。
先週の大河ドラマの再放送、結局見忘れてる、と。
………………………。。。。。。。。

Posted by 藤原眞莉 at 08:10 | お仕事関連 | -

スケジュール更新しました
雑誌Cobalt10月号の情報をアップしました。
新シリーズとなるお話の一番最初の事件、な短編です。
ちなみに、雑誌8月号に載ってる予告と実際の話では、ヒロインの名前が微妙にちがいます。
というのも、私が担当さんに送ったプロットをきちんと確認しないで話を書きはじめ、原稿を書き上げた数日後に雑誌が出て、それを見て「あっ、まちがえてた!」とやっと気づいたというマヌケな事情がありまして…。
フィナ(仮名)さん、ごめん。


気がつけば、あと一週間ほどで8月新刊『姫君を探すほころびの都』が発売です。
今回の表紙イラストは、愛し子コンビです。
お話の前半部分は、雑誌6月号で書いた『居候姫に憑く難儀な慕情』に加筆改稿したものになってます。
雑誌でもう読んだし〜、と前半部分を飛ばしていきなり後半部分から読みはじめるとさっぱり意味の通じないところが出てくるので、そんなかんじでよろしくお願いします。



ここしばらくの私は、早くも夏バテして死んでいました。
今も死に体です。
心の支えは、若鷹軍団の活躍と、夏の甲子園、そしていよいよG景虎が本格的に動きだしそうな大河ドラマです…。

Posted by 藤原眞莉 at 17:25 | お仕事関連 | -

スケジュール一覧更新
夏までの予定、アップしました。
雑誌8月号の予告ページに載せなきゃなので、10月号に書くものもがっつり決まってるのですが……その原稿はまだ書きあがってないので、無事に書きあがったらまたご報告をば。


七ヶ月のあいだに七つの〆切が襲ってくるという、それって七つの海を冒険して海賊でも目指すんですか的に危険な日々をようやく終え、魂がすっぽ抜けているうちに、別冊Cobaltが発売されました。
いつもの隔月刊雑誌よりひとまわり小さいサイズの別冊さん。
こちらのほうで、「この空に願う星の数々」という読み切り中編が掲載されてます。
「姫神さまに願いを」と地続きの世界の幕末が舞台ですが、デビュー間もないころに挑戦した幕末の有名人に再チャレンジできたこともとても楽しかったです。
このお話の文庫化はちからいっぱい未定(今のところ、年単位で未定)なので、この別冊でのチェックをなにとぞ、ひらにひらに。

ところで、雑誌6月号に載っていた、この中編の簡単なあらすじ。
乾という人物のことが「眼鏡僧侶」と紹介されててやたらおかしかったんですが、最近になってフト気づきました。
……乾の職業というか身の上というかを「僧侶」と書いたおぼえは、ない、ような?
えー、うー、それはさておき、ヒロインのミヨは、親父様のことを調べると彼女(お芳)の歴史上のプロフィールも出てくるのですけど………日本女性人名辞典には載ってなくて泣きそうでした。同時代の田島勝太郎(お勝)は載ってるのに、なぜ! ノーン!
でも、そういう謎っぷりがまたツボでもある人物であったり…。

Posted by 藤原眞莉 at 03:09 | お仕事関連 | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile

クリック募金