<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

南国の旅

四月いっぱいでマイレージポイントが消え去ってしまう前に、と突然思い立って、母上とともに沖縄に行ってきました。
沖縄本島をまわるときは、行き当たりばったり(行く、と思い立った三日後に出発する等)ばかりです。
福岡から沖縄は近くてお手頃なので。。

那覇市内はバスがかなり走ってるんですが、そこから他に行こうとすると、なかなか大変です。
路線バスが来たり来なかったり。
まあ、それはそれで沖縄らしくていいか〜と思ってるんですが、バス停でぼんやり待ってると、かなりの高確率でタクシーのおっちゃんに声をかけられます。
いや、おっちゃんというか、おじい。
おじい率、高し。

マイ母上は去年・一昨年と股関節の手術したあとなので、タクシーのほうが楽だよね、ということで、三日間、何度もタクシーのお世話になりました。
そして長距離移動のときは、運転手のおじいから、沖縄の話をたくさん聞けてよかったです。
本土復帰前の話とか。
昔は、名護市のあたりの海に迷いこんでくるイルカをがんがん捕って食べてたとか。
ハブとマングースはそもそも野性の状態では決闘なんかしないとか。
心のへえボタン押しまくり。

琉球村 

琉球村の入り口。
赤とピンクのベゴニアがきれいでした。
そして、超でかいサーターアンダーギー(一個百円)があいかわらず超おいしいです。
「次に来るときは20個買っていこう(by母上)」


植物園

美ら海水族館のある国立公園のとこの植物園。
ここで一日つぶせる、というぐらいに好きなスポットです。お花大好き。
建物内の休憩コーナーから眺めた午後の海がものすごく綺麗でした。
「銀の海」はこのことかぁ、と感動。
波に反射する陽光がまぶしくて、すべてが銀色。


アボカドおいしい

沖縄に来たなら沖縄食たべまくり〜が常なのですが、三日間とも、とんでもなく風が強かったので、屋内のカフェに退避。
お庭も内装もとても綺麗なカフェで、まったりランチ。

Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 17:17 | 日記 | -

まさに赤っ恥
某にこにこ動画で鬼泣きした直後に、担当さんから電話が……。

「大丈夫ですか?」と訊かれて答えた内容が内容で、もー。
ごめんなさいヲタクでorz

でも、笑ってすっきりしようと思ってたのに、初見動画で泣いてすっきりしてしまいました。
花粉症でもああはならない、ってぐらいハナかみまくり。
年明けていちばんの大泣き。。。

大変よい動画でございました。謝々。

Posted by 藤原眞莉 at 13:14 | 日記 | -

五月刊「神巫うさぎと眠れる果実の王子様」
「とにかく、隙をみせるな。たとえ菓子を渡されようとも、油断するな」
「殿下じゃないんだから、それぐらいで油断したりしないよ」


ミソノ学院高等科は、文化祭の時期に突入。
それと同時に交換学生たちも訪れ、央都から来た赤羽木智司が美和と明子に近づいてくるが…?


前巻ではウソ予告を書いたので、今回はまじめに書いてみました。。
五月刊、4/28発売です。どうぞよろしくです!


今回のお話、最初は文化祭で美少年コンテストが催されて、美和が無理やり審査委員長的な役割を押しつけられる、という話だったんですが、プロットを作り終わるころには全っ然ちがう話になりました。
ともあれ、ハイテンションでありつつ、美和の乙女モードも多少あがってきたと思うんですが、ど、どうだろう…。どうでしょう。。
担当さんからは、「美和ちゃんは相変わらず災難つづきですね」と評されましたが。
しかもその災難、エルドがいてもいなくても避けられないという。。


カバーイラストは、文庫の見本が届いてやっとフルカラー版を拝んだんですが(担当さんからデータもらったとき、なぜかモノトーンでした…)、色がとっても綺麗に刷られてて感動しました。
CG発色、すばらしひ。
美和の帯がやたらと可愛いです。この帯欲しいなぁ…。いいなぁ。

それにしても、エルドって最初は本当に俺様!ってかんじの性格で書いてたんですが、だんだんカドが取れてきてるような。
ツンツンしまくってたお猫様がなついてきたかのよう。。 

Posted by 藤原眞莉 at 00:33 | 刊行予定 | -

悪夢の王道
〆切で、めちゃくちゃ忙しかったのです。
ひたすら仕事をしてたのです。
そんなこんなで疲れ果てて爆睡して、ふと目覚めて呆然。

あれ、私、もう何日学校休んでるんだ…?

やべーやべーと思ってあわててお風呂に入って着替えて出掛けようとして。
ふと気がつけば、また寝てました。

うわーなんで寝てるの!
もう八時だし、完璧に遅刻だよ!
学校までチャリですんげーかかるのに!
バスに乗っても一時間目には絶対に間に合わない!
わーどうしよう!
ていうかもう私頑張れない、眠い眠い眠い、寝る…!!
いやでもちょっと待って、こんな調子でダラダラ休み続けてたら、授業数の少ない科目は単位とれないよ! ……ああっほら、今日の四時間目には家庭科が入ってるよ!!

と大騒ぎしつつ、いつのまにかまた眠って、目が覚めたとき。

あれ、私、学校にはもう通ってないよね…?
ちゃんと卒業してるよね? 
………でもなんで壁際には制服がかかってるの?



という夢を見ました。

やっと本当に目覚めたときは、「……学校行かなくていいんだよね?」と自分を疑いました。
学校に遅刻する、というのは私にとって、悪夢の王道パターンです。。。
夢だった、と安心するのと同時に、夢疲れでグッタリ。

でも、今日の悪夢に出てきた「学校」は、前にも何度か見たことのある「学校」でした。
チャリでもバスでも行ける距離のとこにある学校。
現実世界での中学と高校がごっちゃになったような感じの、学校。

もしかして、みこうさ書いてる影響でこんな夢を頻繁に見始めるようになったんでせうか。怖い。。

Posted by 藤原眞莉 at 16:31 | 日記 | -

五月刊のおしらせ
4/28に、新刊「神巫うさぎと眠れる果実の王子様」が出ます。
どうぞよしなに!

みこうさシリーズ三冊目なのでありますが、巻数を経るごとに内容がパワーアップというか、テンション天井知らずというか。
そんな感じです。
詳しいことは、また来週にでも!


以下、ちょっとした雑感です。 
Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 23:23 | 刊行予定 | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile

クリック募金