<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

発掘
デジカメ、実家にて無事発見、保護。
その記念(?)に、マイ秘蔵品を撮ってみました。



ミュシャの作品「ブロンド」をモチーフにしたハンドバッグ。
お店のショーウィンドウでこれを見つけた瞬間、ハートを鷲掴みにされました。
もうひとつミュシャの絵をモチーフにしたバッグがあったのですが、「ブロンド」は大好きな絵のひとつなので、しばし迷ったあと、「これお願いします!」とお迎え。
だけど、なにぶん立体的な装飾なので、持ち物の扱いがいまいち雑な私だとすぐに傷だらけにしてしまう…!とビクビクしてるので、未だ一度もこれを持ってお出かけしたことがありません。
でもいつか、モダンテイストにコーディネイトした着物に合わせて使いたいなぁ、と夢想してます。

ところで、ミュシャといえば。
今年の四月下旬から五月にかけて、福岡のアジア美術館でミュシャ展をやっていました。
世紀末前後のパリではなく、プラハ時代(晩年)の作品が中心だというので、それはもう楽しみで楽しみで、前売り券を買ってスタンバイするほど楽しみにしていたのですが、い、行けませんでした………。。。
行けなかった理由は諸々ですが、福岡ではなかなかミュシャ展はないし、プラハ時代の作品を中心にした展示会もなかなかないので、いまでも心残りです。ううう。

以前、大阪のサントリー美術館で催されたミュシャ展には、関西の友人といっしょに行きました。
「百合の聖母」を目の前にしたときには、感動と感激で思わず涙。
そして、1899年に作られた、十二ヶ月分、十二枚セットのポストカードが並んだショーケースに、ふたりともべったり貼りつきました。
「これ欲しい! このポスカ、復元印刷して売ってほしいよう!!」とむせび泣く勢いで眺めていたのですが、展示室出口のグッズ販売コーナーでは売ってませんでした……。
ミュシャの100枚ポストカードブックでも見たことのない絵だったので、あれはやはり幻のポスカなのでしょうか。
とりあえず、「あのポスカがない、ないよ!」と哀しみながらめぐったグッズ販売コーナーで、私はミュシャ・フィギュアを箱買いしました。笑。

Posted by 藤原眞莉 at 06:55 | 日記 | -

ひと安心
Coccoのライヴツアー福岡公演分、チケットを無事にゲット!
ありがとうプレオーダー…!


九月以降、気になる映画が三本あるんですが……観に行けるかな…。

「エディット・ピアフ 愛の讃歌」は、フランス屈指のシャンソン歌手ピアフの激動の人生がどんなふうに映像化されてるのか気になります。
生い立ちや少女時代のころから描くようなので、第二次大戦前後のパリの街が登場するというそれだけでもうワクワク。
なにより、映画館の大音響でピアフの歌を聴けるので、シャンソン好きには嬉しい限りです。

「4分間のピアニスト」は、公式サイトの予告編見ただけでもう涙…。

Posted by 藤原眞莉 at 03:41 | 日記 | -

魔窟は魔窟
デジカメが……デジカメが見つかりません……。

私の記憶が正しければ、去年末、高千穂や阿蘇に旅行する前にバッテリーを充電した挙げ句に忘れて出かけたとき以来見かけてないような………でもそうやって忘れて出かけたのはもっと以前のことだったような……。。
仕事部屋と実家、そのどちらかにあるのは確かなのですが、見つかりません……。

実家の魔窟ぶりは、四歳児の甥っ子から「おばけやしき!」と言われたほどのレベルです。あと、猫だけが通り抜けられる、獣道ならぬ猫道が数多く存在していたり。トトロの世界が家の中に存在しています。
しかし、我が家の魔窟形成癖はもはや遺伝子レベルなので、甥っ子もいずれ同じ道をたどることかと思われます。



ところで、ずっと書きそびれてたことがひとつ。
期間限定で発売されたキュウリ味のペプシコーラの、その後(雑誌8月号のパーソナルプロフィールで言ってたあれです)。
私はキュウリにトラウマがある(※)うえ、炭酸ジュース全般が苦手なんですが、どうにもおそろしい色をしたあれが気になって仕方なかったので、トライしました。
そして感想。
「これは……メロンコーラ?」
普段、キュウリをあまり食さないので、甘く味付けされたあれはメロンっぽい印象でした…。
キュウリ味であることにはモウマンタイでしたが、そも炭酸ジュースを飲みつけてないので、50mlぐらい飲んだところでギブアップしました。弱っ。


※小学校のころ、給食でキュウリとワカメの酢の物がよく出ました。当時の私は酢の物もキュウリも思いきり苦手だったんですが、「給食は残さずに食べる」というのが鉄の掟だったため、他のみんなが食べ終わって昼休みになった中でも教室に残って、ひとりで、吐き気をもよおしつつ鼻つまんで食べてました。
(なにか他のメニューもやっぱり苦手で、ある日、「残したい奴は残してもいい」と先生が言ったので、「わーいよかった」と言って残したら、先生から即座に強烈なゲンコツくらいました。曰く、食料難の国があるのに喜々と残すな、という理念のもと殴られたわけですが、それなら最初から「残していい」なんて言わないでほしかったなぁ、と、今でもくらーい気持ちになります。理念のほうをまず先に言ってほしかった、という哀しさと、タンコブできるほどの力で急に殴られた驚きと、「残すとこうする」という見せつけとしてゲンコツくらった悔しさとで、給食台の前でビービー泣いたっけなー、というのを………いまあらためて思いだし、まし、た…… orz)
今現在、酢の物は平気ですが、キュウリはまだそこはかとなく苦手です。ただ、2、3年前、友人宅で食べた生キュウリは青臭さがなくて瑞々しくてすんごくおいしかったです。メロンっぽい瑞々しさ。ああいうキュウリなら、いくらでも食べたいです。
ただし、果物のメロンは食べると口のまわりがかゆくなるので、ちょっと苦手です。うぬぅ。

Posted by 藤原眞莉 at 02:24 | 日記 | -

ひとこと日記
昨日の朝、ツクツクホーシの声を聞きました。
ああ、本当に夏が終わろうとしているんだなぁ、と実感。

でも、九月いっぱい暑いんだろうなぁ……暑いんでしょうねぇ……。うう。

Posted by 藤原眞莉 at 23:35 | 日記 | -

久々に
PC版サイトを模様替えしました。
そして、詩稿をひとつ追加。
連日の暑さにあまりにも腹が立ったので、なんだかそんな感じのものです。腹いせの創作です。
毎日毎日、外の気温が体温より高いだなんてひどすぎる……(涙)

夏よ早く終われ〜早く涼しくなれ〜と念じつつも、甲子園の熱戦ぶりは、テレビで見てるこっちまで熱く燃えあがります。
高校野球について語りだすと止まらなくなるので控えますが、大会四日目(8/11)は、好試合ばかりすぎてたまげました。テレビの前で何度絶叫したことか。
あと、「白球の記憶」コーナーで、昭和8年の大会で延長25回までつづいた試合があると知って仰天。延長25回って…!

Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 07:41 | 日記 | -

お盆目前に墓参強行軍
先日、母・姉・甥と私の四人でお墓参りに行ってきました。
代々の墓地&菩提寺のある長崎・平戸までバスを乗り継いでエンヤコラと。

定年退職してる母はわりと定期的に墓参りに行っているのですが、私は諸々の都合でもう五年も墓参しておらず、ご先祖の家名をペンネームに一字賜っている子孫としてこれはいかがなものか、ということで、一泊二日で行ってきました。
でも、バスで長距離移動(苦手)+カンカン照りの昼間に外出(肌荒れがひどすぎて日焼け止めも塗れない日光アレルギー持ちには大変辛うございます)+四歳児の甥っ子怪獣のお守り(なんであんなに元気なの)というのは、悶絶ハードでした。。。。
救いは、墓参りというか墓掃除(山の藪の中にある墓地なので、短くても二時間はかかる大掃除)が、三日ほど先に墓参した伯父一家によってされていたこと。
ありがとうございます、伯父上…!(滂沱の涙)

そのようなわけで、体力を温存しつつ菩提寺にもお参りしての帰り道に、写真パチリ。

右が甥っ子、左が姉(来月後半に第二子出産予定)です。
六歳年長の姉上は、私よりもよほどさくさく元気に歩いてました。
私の体力のなさはいったいどんだけ……。

Posted by 藤原眞莉 at 01:28 | 日記 | -

我が家の女王様
ひなにゃん
震度6弱の地震が来てもビクともしなかった本棚の上でおくつろぎ中の、女王様。
ひなまつりの日生まれのひなこちゃん(2歳)。

彼女は滅多に鳴かないのですが、妹分のにゃんこより先にエサを食べ終えるとその妹分の皿を片手で奪い、ねこじゃらしをわざわざくわえて持ってきて人間の目の前に落とし、それを無視してると脇腹や背中を片手でチョイチョイと叩き、それでもまだ無視してると両前足を使って背中をどついてきます。
また、私が棚の上に並べてた指輪を「これいらん、通行の邪魔」という感じにバシバシと次々に払い落とし(おかげで指輪がいくつか行方不明)、この本棚の上に置いている箱(中身は和装用のバッグ)も先日蹴落とし、同じくお気に入りの場所である冷蔵庫の上に置いてる塩コショーや砂糖の容器もぼこぼこ落とします。
また、長く鋭いステキな爪をお持ちなので、ねこじゃらしで遊んでる最中、じゃらしを揺らす方向の目測を誤ると、人間は手足に深手を負います。
スバラシイ女王ぶりです。
でも可愛いです。(親バカ)

妹分のにゃんこは、昨日からちょっと風邪気味です。
原因は、クーラーのあたりすぎ。
クーラーの風が直接あたる場所(私の寝床付近)に自ら特攻しつづけた結果、へぷしっとクシャミを連発するように……。

そんな二匹のにゃんこをなまあったかく見守る私といえば、昼間にちょっと出かけるだけで気力体力を激しく消耗してヨレヨレです。弱すぎ。

Posted by 藤原眞莉 at 17:31 | 日記 | -

どうしても
辛抱たまらないので、書きます。

7/15放送の「風林火山」、すごすぎました。
私、もともとない根気と集中力を仕事にねじこんでる&不規則生活なので連ドラ等が見れないほうなんですが、(途中からではあるけれど)「風林火山」は毎週見てます。
そして、7/15放送分は震えました。
あれこそ武士、あれこそ侍、あれこそ戦国時代だ!と腹の底から叫びたくなるような濃密さに、ただただ感動。
この回の主役は板垣と甘利でしたが、武田のお屋形様&勘助をはじめとする武田軍と村上軍、双方の役者さんひとりひとりにぎっちぎちにみなぎった、あの緊張感。
そして、この板垣役を契機に役者引退を発表した千葉氏。

大河オフィシャルサイトの特集記事を何度も読み返しては、我ながらうっとうしいほどボトボト泣いてます。
テレビ放送を見てる最中もかなりウルッとしてたのですが、横で見てるマイ母上が板垣大奮戦のあの名シーンで「うわ」「あー」「わー」と緊張感のない声をおあげあそばしていたためにテンション半減して泣けませんでした…。土曜日の再放送分を録画して、ひとりで大泣きしながら見ようと思います






今日は、新潟の中越で大きな地震が。
最近の集中豪雨や台風四号による各地の被害も心配な中、なにも地震まで来なくても……。
少しでも早い復旧と、被害にあわれた方々の心身の回復を、ただただ祈るばかりです……。
余震も、はやくおさまって。
たとえ震度1でも、あれは本当に辛いです。
私自身、福岡西方沖地震から二年経った今でも、なにかしらの震動(ないし振動)で少しでもユラッとくるとすぐに身構えてしまうほどなので……、もう、本当に、はやく鎮まってほしいと祈ってます。

Posted by 藤原眞莉 at 21:06 | 日記 | -

水面下の出来事
六月中旬に発売された別冊コバルトの、著者校の最中の一幕。
鉛筆の字が編集部の方による指摘で、赤ペンの字が私の訂正分。



「禿」
×はげ
○かむろ


これより数行前に「禿」の言葉はもう出てきたので、二度目になるこの場面ではルビなしで原稿を提出していたところ、この攻防戦(?)が。
いやたしかに遊廓にいるカムロはそういう頭ですが、しかし、はげ
その言葉の破壊力たるやいかに。

この鉛筆校正が入った本文はイラストを描く鳴海ゆきさんのところにもまわっていて、鳴海さんの笑いのツボにヒットしたとのこと。
「写メればよかった!!」と本人談。
なので、私が写メっときました。

私にとっては、十年前、『雨は君がために』の後編・後半部分、「(うまや/馬小屋のこと)から戻ってきた」が、写植間違いで「(かわや/おトイレのこと)から戻ってきた」となってたとき以来の笑撃でした。
ちなみに厩から戻ってきたのは、徳川十四代とのちの十五代。連れシ●ンかよ……と遠い目をしてしまったことを、昨日のことのように憶えてます。
どうでもいいことほど妙に記憶しているマイ・マウミソ。

Posted by 藤原眞莉 at 21:12 | 日記 | -

博多の
夏の訪れを知らせるものといえば、やはりこれです。



博多の夏は、博多祇園山笠とともに。

六月あたりから新聞の地元欄やいろんな面でいろんな談話が登場するので、地元民としてはワクワクソワソワ。
でも、7/15早朝の追い山はテレビで見たことしかありません…。
追い山ならし等々ですら、一度も。
いつか「動く山」を生で見たいです。
櫛田神社の棧敷席はさすがに無理なので…………いっしょに水ぶっかけられそうな細路地あたりで。


追記:
PCからご覧の方で、「どういうお祭りなの??」と興味をもたれた方は、こちらからドウゾ。
個人的に超絶オススメなのは、「飾り山写真館」コンテンツの、2000年度。
ここの十番山(キャナルシティ博多)に登場してる児雷也の飾り山が、今でも忘れられません。ナメクジのインパクトが強すぎて。
たしか、二十分ぐらい金縛りにでもあったかのようにじいいいいっと眺めてしまいました。
また題材にしてほしいです、児雷也の三すくみ……。

Posted by 藤原眞莉 at 18:03 | 日記 | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile

クリック募金