<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

殉職する電子

昨日の昼間、台所から妙な機械音と一緒に「わぁっ!」と母上の驚く声が聞こえたので、いったいなんじゃろか、と思ったら、レンジがぶっ壊れてました。
享年20歳。

レンジで調理、てことはなく、ひたすら何かを温めるためだけに稼働してきた彼でしたが、もうさすがに寿命のよう。……というか、よく20年も動いてたな……。
ありがとう、レンジ君。




またしても前回の記事から時間が空いて申し訳ないです。
アナザーワールドな姫神さまは、脳内でただいま構築中でございます。
想像の創造が行き過ぎて、僧衣に原チャリで法事に出掛けるカイさんが書きたくてウズウズ。原チャリと言えども絶対にフルフェイスヘルメットに違いない。夏は熱中症に気をつけてねカイさん。

信長が現代にいたら……絶対にフェラーリに乗ってそう。なんたってイタリアの暴れ馬。
保憲師匠は、燃費と機能性抜群の某ドイツ車が似合いそう。そしてスーツやジャージはア■マーニ。

カイは……某懸賞で当てた「仏の顔×3」の文字入りTシャツ着てやがるといいです。←ちなみに私はこの懸賞外れて本気で凹みました。もういっそ自分で作ろうかしら。。。


乗り物といえば。
私は京都の下鴨神社に行くと、ほぼ50%の確率で「チャリンコに乗った神官さん」と出会います。参道を走る後ろ姿も素敵でしたが、そのまま近所にあるコンビニにお買い物に行った姿も大変忘れがたく。
そんなところも含めて、下鴨神社は大好きです。
幕末好きにはたまらない資料館(徳川14代将軍・家茂公の上洛行列の絵巻が拝めます)社殿も素敵ですが、糾の森の清々しさには心底癒されます。



ともあれ、アナザーワールド版姫神さまは、もうしばしお待ちくださいませ。

いきなり島原の乱の場面から話が始まるのはあまりに超展開すぎるので、どこが文庫版の話との分岐点なのか、ていうとこからちょびちょび書きたいです。
ここでこの選択していたらああなって、別の選択してたらこうなっていた、というとこは大事。
……と考えてしまうのはきっと、私がゲーム脳な所為でせう。。。

どちらの流れが正統、絶対、というわけではなく、物語であるからこそ無限の可能性があって、その中のいくつかを選んでつなぎ合わせたものが綴られて形を成す、なんてかんじに受け止めていただけると是れ幸いです。
いいや、こんな話は納得できねえ!というときは、捨てて無視してくれてかまわないものですし。



ちなみにいまハマッてるのは、「幕末志士の恋愛事情」というケータイアプリの乙女ゲーです。

GREEだと無料で遊べますが、極上END見たさに公式版(有料)でも遊んでます。
武市が……武市半平太ルートがツボすぎて激しく悶えます。
恋愛に疎いのに(&疎いがゆえに)ヤキモチやきで、ヤキモチやいてることさえ自覚なくて何か小難しく悩んだりしつつも実はむっつりで、恋愛モードスイッチ入ったときのデレっぷりがパネェです。真夜中にジタバタゴロゴロ転がりました。

武市や岡田以蔵、高杉晋作が大政奉還のころまで生きてる、というのは明らかに史実と異なるんですが、女子高生ヒロインが幕末にタイムスリップ、ていう時点で超絶ファンタジーなので、キャラクターとストーリーをにこにこ楽しんでます。
ええもう、キャラの良さと乙女的展開がたまらんとですたい。



ところでもすごく話が飛びますが、TVドラマの「仁−JIN−」第8話で、市川亀治郎さんが中岡慎太郎役で登場してビックリでした。
しかも亀ちゃんの後ろには、桂小五郎役で佐藤隆太さんがいて、龍馬役はもちろん内野聖陽さん。
なんという「風林火山」同窓会。

先週日曜に放送された第9話は、録画したままでまだ見てないんですが、これで龍馬暗殺の実行犯がG王子だったら……赤坂サカスへ安道奈津(あんどうなつ)を大量に奉納するしかない…………というか早く録画分を見よう……。

Posted by 藤原眞莉 at 02:47 | 日記 | -

半死半生からの脱却をはかりたいと思いつつも
気がつけば4月も下旬に入っていました。。。

そして、このブログのプロフィールページから、こっそりつなげてるメールフォーム、メッセージ転送先のメアドを古いまま一年半放置していたことに、ついさっき気がつきました。。。。。。。。。

ごめんなさいごめんなさいまじごめんなさいすみませんんんんん!!!!!!!

今年になっていただいた分はログを拾えましたが、も、もし2010年にメルフォからメッセージくださったかた、いらっしゃったのなら、たたたた大変申し訳ありませんでしたウワァァァァァァァァァァァ!!!


今年の私の誕生日にメッセージくださったかた、
前回の記事更新の後にメッセージくださったかたがた、ありがとうございます。
出来不出来とかなんかいろいろ諸々思うところあれども、かつて、必死に創って世に送り出した作品を今でも大事にしていただいて、それだけでも充分なのに、あらてめて声を言葉を届けてもらえるというのは、ほんとうに、ものすごく、幸せです。


Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 01:10 | 日記 | -

生きてますよ
 「藤原眞莉」としては冬眠しっぱなしですが、中のひとは生きてます。イェアー。
日々の糧を得らんと、地味に生きてます。



そんなワテクシの日常をつらつら書いても、なんにも面白くないだろうし、かといってフジワラマリとしてお知らせできるなにかがあるわけでもなし……
と思って、ほぼ一年まったく更新してなかったので、フジワラ目当ての訪問者さんなんてほとんどいやしないだろう、と考えつつ、アクセスログを見てみたら、ら、ら。

来訪人数が……二桁だと……!?

正直、ゼロ行進尽くしだと思っていました。
あばばばばばば。



とはいえ。
新しくお話しできることは、いま、ほんとにまったくできないので。
なので、過去作品のよもやま話でよければ、つらつら綴ろうかと。
もーそろそろ時効切れ、てことでいいでしょ?な内容を交えつつ。
もし編集部から検閲入ったら、それはそれとして。。



Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 03:35 | 日記 | -

奇しくも本日は四月一日
エイプリールフールなので、なにか小粋なジョークでもかましたいのですが、無理でした。
なにゆえかと言えば、それは先月のこと。

ノートPCが二度も突然の強制初期化というショッキングな出来事がございまして。。

ネットやメールのために使ってるPCとは別のものだったのが救いですが、データのほうがまあ、きれいさっぱり吹っ飛びました。
必死にクリアしたPCゲームのデータもご臨終……。
幸い、小説用のデータはメモリスティックでバックアップとってたので大惨事は免れましたが、そのデータいくらか手をくわえたものをノートPCだけに入れっぱなし状態で二度目のクラッシュくらったときは、こっちも思考がクラッシュしました。

ただ、一度目のクラッシュでドライブをプログラム用とデータ保存用のふたつに分けてたら、初期化してもデータ用ドライブは無傷でした。 
無事を確かめるまではノウミソぐらぐらでしたけど。

なんていうか、PCって不可解な生きものですね……。
死んでるようで生きててでも死んでまた黄泉帰るというか。

……と、そういえば、初めてPC買ってから、もう11年です。
11年前のいまぐらいの時期に使いはじめて、10年前の6/19にサイトを作りました。
でもPCの生態が未だよく理解できません。


とりあえず、OSはVistaよりもXPのほうが好きです。

Posted by 藤原眞莉 at 01:34 | 日記 | -

大晦日ですね
ずいぶんと久しぶりの日記で失礼します。。

博多は本日、雪が降ったりやんだりです。
運動不足解消のためにたまには、とチャリに乗らずに歩いてたら、黒いコートが雪まみれに。
でも軽く吹雪になって、大人たちが身を縮めて歩くのをよそに、キャッキャッとはしゃいでるちっさい子供たちの姿に超絶和みました。
冬だなぁ。
それぞれの季節。



さて、わたくしめの近況ですが。

今年後半は、完全に休筆状態でした。
何故、と訊かれたら、小説を創り出せる状況下になかった、というのが答えです。
なんやかんやの不調がもう絶対的にどうにもならないことになったので、お休みすることを選びました。 
アトピーで全身でろでろになって痛みと痒みとでまじで眠れなかったりとか。とか。

まあ、生きてたらそんな時期もあるわいな、と。
私自身は開き直れるのですが、
私の書く物語を(いまでも)待っているひとたちがいるのなら、ただただ申し訳ないです。


「もう金輪際、何も書かない!!」と本気で思って小説書き生活から離れたのですが、離れてみると、やはり書きたいなぁ、と感じています。
中途半端な距離の置きかたでは感じることの出来なかったであろうことを、いろいろ感じながら、今現在に至ります。
11月末にあったコバルト謝恩パーティーでも、二年ぶりに会う作家さんたちといっぱい話して、また、会場に招待されていた読者審査員さんとお話しする機会にも恵まれて、本当にたくさんのことを感じました。


なもので、
これから先、
私がまたなにか書き綴る物語があって、それを見かけたのなら、「あ、またやってやがる」と思っていただければ、それがなによりです。



それでは皆様、よいお年を。






私信的追伸:

謝恩会でお会いしたとき、「あ、じゃあ本送りますからー!」と約束させていただいた方、ここをご覧になってたら、こちらからご連絡お願いしますすすすすすすみませんorz
お話しして名刺もいただいたあと、私、二次会三次会でさらに酒を飲んだので、お話しさせていただいた方がどなただったのかわからなくなってしまったのです……(最悪すぎる)












Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 16:03 | 日記 | -

京都あそびまくりツアー
三浦しをんさん著「風が強く吹いている」の映画を友人と一緒に観るため、先日、京都まで行ってきました。

以下、映画のネタばれ入ります。





 
Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 22:44 | 日記 | -

御札効果?
ご無沙汰しています。すみません。

生きてるの死んでるのと訊かれたのなら、生物的には確実に生きてる感じです。
ここ数年の体調不良がようやくなんとかなった感じです。
体力だけでいうなら、五歳ぐらい若返ったような。あとお肌も。
でも徹夜はもうできません。


ついさっき、長らく眠っていたデスクトップパソコンをつけてみました。
某さんから、
「パソコンは電源きってるときもコンセントはつないでおかないと、内蔵電池を消費しちゃって、久しぶりにたちあげようとしても動かなかったりするんだよー」
と聞いてたので、超絶ビクビクしながらコンセントさして電源ボタン押したら……ついた!!!
さすがにコードレスマウスとコードレスキーボードは電池切れだったので、マウスの電池だけ入れ換えて、うりうりいじってみました。

内蔵電池がまだ生きていたのは、やはり、HDDボディに晴明神社のステッカーを貼ってたからでしょうか。
ありがたや!
OSがミレニアム(WinMe)だからさすがにサクサクは動かないけど、でも、五年ぐらい放置してたんだから動いただけですごい!


データとかも完璧に残ってたんですが、もはや不要なのでざくざく消去しました。
というか、いまのパソコンに移動させたい画像データをCD−Rに入れようとしたんですが、Meに「これフォーマット(初期化)できねッス」と拒否られました。
ええい、おまえもツンバカVistaと同じツンツンOSなのか…!
 


アナログ生活な友人が「パソコンほしいよー」と前から言い続けてるので、この子をお嫁入りさせてもいいんですが、7〜8年前のモデルなんで、液晶画面とはいえどもHDDがずっしり重いんです。
これ、自転車で運べる重さではないような…。
仮に荷台にくくったとしても、無事に帰宅できるのか。。(友人と私の部屋の距離は自転車でおよそ一時間半)

Posted by 藤原眞莉 at 23:20 | 日記 | -

そのよなわけで
さくっとサイト縮小しました。


サイトの入り口ページは、サーバ契約等の関係で今年いっぱい残ってるかと思われます。 はい。

このよな状態なので、「藤原眞莉自作公式サイト」としてリンク貼ってくださってた方は、剥がすなりなんなりしてください。
お手数かけます。


何事なの?と訊かれたのなら、ええ諸事ありまして…とお答えするしか。
お仕事や私事の水面下的なあれこれを公の場で明かすのはウツクシクなく野暮だと思うので、んー、としか言えませんが、一番は私自身の問題です。

いやー体調悪いってほんとにおそろしい。
服用薬の影響なのかナンなのか、二日続けて幻覚見えたときにはいよいよやべえと思いました。

Posted by 藤原眞莉 at 15:32 | 日記 | -

あれやこれやと
昨日、ネコに携帯充電用のコードを噛みきられました……。
機種変更前のコードでも充電できるから困りませんが、まさか噛み千切られるとは。。。

先々週末、友達と大阪&関西で遊んできたんですが、カラオケで「パンチラ・オブ・ジョイトイ」をふたりで熱唱して超絶楽しかったです。
これは立って歌わなければ発揮できないハイテンション。

あと、サンホラの「奴隷達の英雄」を歌うべく、ギリシャ語部分のカンペまで用意してたのにまだ配信されておらずに大悶絶し、その悔しさを「Star dust」で発散しました。
なぜこの曲なのか、サンホラーさんであればすぐにご理解いただけることでしょう。
「何故? 何故なの? 何故なのよー!!!」の大絶叫がしたかったからです。
あ、「死せる乙女その手には水月」では、エレフの絶叫もちゃんとやりました。そこまでやってこそのSHK国民。




そうそう。
七月中に、このサイトをブログのみに縮小する予定です。
ブログ以外、ろくすっぽに稼働してないので。。。

Posted by 藤原眞莉 at 08:24 | 日記 | -

異物発見
先週末、元・担当さんとお会いしました。
いろいろな話をしたのですが、部屋の中がさっぱり片づかない、という話題になったときのことです。

とにかくもういろんな本がたまって片づかないんです、と言う私に、元・担当女史は仰せになりました。

「本は読み終わったら捨てなさい、また読みたくなったら買いなおせばいいのよ」


パンがなければブリオッシュを、というかの流行語をそこはかとなく思い出すお言葉です。




とりあえず古雑誌(ファッション誌)はどうにかしよう……と、ただいま、もそもそ片づけ中なんですが、そしたらなんと、中高生時代の落書き帳を探し当ててしまいました。
ぱらりと開いた瞬間、人外の言葉が飛び出ました。
心象風景としては床に叩きつける、理想としてはいますぐ燃やしてこの世から抹消したいんですが、現実は………捨てられないッス。。。。。
デビウ作(帰る日まで)のプロットみたいなのも書いてあって……おおお……捨てられない……。
十代ど真ん中の青すぎる春のころの自分を捨てるなんて……できない……。

しかし元・担当女史からは「青春の思い出の品とかそんなもんは後生大事にとっておくもんじゃない、捨てろ、でないと片づかないし成長しない」的なことを言われたんですが、その話題のころにはもうアルコールがいい感じにまわってたので詳しく思い出せません。
それとも耳に瞬膜(瞬間シャッター)でもかかったのか。

とりあえず、97年付けのグダグダ日記だけは捨てようと思います。
これだけはいりません。
なんでそんなエラそうに語ってんだオマエ、と12年前の自分をグーで思いきり殴りたい。。。。。。 



ちなみに我が家で一番たまりにたまってる雑誌は、Cobaltです。

これ、ど う す れ ば 。

Posted by 藤原眞莉 at 15:54 | 日記 | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile

クリック募金