<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

花の都を旅立つ姫君
三月刊、発売中です。
この巻で、ランヴィエルスの首都が舞台の第二部は終わりです。

メールで頂戴した感想を読ませていただいたのですが……第一部のときからミシェルを好きだったという方がわりといらっしゃったので驚いてます。
雑誌で「ラ・トランペーラ」を書く以前は、友人知人以外から好き好きコールを聞くことはさっぱりなかったので。びっくりびっくり。

その一方、いただいて当然のお声も。
新刊帯等では「シリーズ完結」とあったことについての質問なのですが………。




王宮ロマンス革命は、シリーズ開始当初から三部構成で考えていました。
だけど諸々の事情により、第二部までしかお届けすることができなくなりました。

私の中では第三部が存在していて、そこで展開する物語を第二部に詰め込むということは、どうにもこうにも無理があるので、第二部までの展開でストップ、という形になりました。
これは、私の力量不足によるところが大きな原因です。
第二部までで……というのは私自身で決めたことなのですが、第三部を書きたいという気持ちはずっとずっとありました。そう思っていなければ、第二部を書き切ることはできませんでした。
でも、第三部を読者の方々にお届けすることはできません。
本当に申し訳なくて、悲しくて、正直なところ、今回の一冊を自分の視界に入れることさえまだ辛いです。

寄せられたご質問に対して、このブログでどうお伝えするべきなのか。それがわからなくて、そしてとても怖くて、ずっとずっと迷っていました。
今回の一冊ができあがるまでにも、ありとあらゆるひとにご迷惑をおかけしたので、もう、穴を掘れるだけ掘って引き籠もりたい気持ちでいっぱいなのですが、それはさすがにどうよ、というわけで、こうしてこの文章を書いています。

この物語を好きだと言って読んでくださった方々には、どれだけお礼を言っても足りません。
ありがとうございます。
そして、本当にごめんなさい。
第二部を書きはじめたときからずっと思い描いていた場面にたどり着くことはできたけれど、機会を得ることなく眠りつづける物語、いくつものエピソードへも「ごめんなさい」と繰り返すばかりです。


蛇足と無粋と未練(多い!)を承知で申しあげるなら、第三部は、第二部ラストから一年後の話です。
エヴァと再会してようやく細胞がやる気を出したルウの身長もさらに伸びて、ジークと同じぐらいになっている予定でした。
(ちなみにジークは、例の特技のために身長あまり高くありません。173僂阿蕕ぁそして、エヴァさんは155僂阿蕕い任后最初にアレクを「170僂頬たない身長」と設定したら、エヴァの身長を縮めてバランスとるしかなかったという…)
16歳になってるウィリアムも、きっと身長伸びてますよね。
クインシード王家関連の人々は、第三部が山場だったのですが……。。。

Posted by 藤原眞莉 at 06:48 | お仕事関連 | -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 06:48 | - | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile

クリック募金