<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

さて本日
パ・リーグのプレーオフ(意地でもCSとか言わない)第一ステージ、第三試合。
第三戦まで来たことだけでも、かなりホッとしてます…。
昨夜は試合開始時刻になるなり、地元ラジオ局の実況解説に貼りついてたのですが、鷹の打線がいきなり爆発して目が点。
もちろん、ものすごく嬉しかったんですが、あれっ?とビックリするほうが先でした。
今シーズンの打線のよわよわぶりの印象のほうが、あまりに強かったんで…。(第一戦でも、そのよわよわぶりが遺憾なく発揮されてたし……)
先発の杉内投手は、「流石」の一言。
短期決戦にめちゃくちゃ強いんですよね、おすぎ(←鷹ファンのあいだで定着してる愛称)。昨日の試合が始まるまで、すっかり忘れてましたが。
ごめんなさい、おすぎ。やっぱりあなたは強かった。
投手としての実力もそうだけど、彼はとにかく、ハートが強い。
あと、酒が入ると「俺は宇宙一、嫁さんを愛してる!」と叫んで、なぎぃ(新垣投手)やわっち(和田投手)にうざがられてるおすぎ、とても好きです。
や、酒が入らなくても愛妻家ぶりは変わりませんけど。
以前、インタビュー記事を読んでて「ごちそうさま…」とほっこりしてしまいました。

ともあれ、今夜は緊張の第三戦。
勝ったほうが、次のステージに進出です。

……千葉にいる鷹関係者全員にこれを飲んでいただきたいです。
元寇のときに神風吹かせたとされる筥崎八幡宮と、地元・大賀薬局による、コラボレイト・サプリメント。
梅の香りがほんのりと

それにしても、野球話ばかりですみません。

私の近況といえば……十代のころにハマッてた漫画「ハーメルンのバイオリン弾き」を中古で全37巻を一気買い(コミック文庫落ちしてたらそちらを買いたかったのですが、出てなかったので中古…/涙)して、三日がかりで読破したことでしょーか。

単行本がリアルタイムで出てたころは、辛い展開の巻が続いて(オル・ゴール編のあたり)哀しくなったので、つい読むのをやめてしまったのですが、一気読みすると爽快です。
目と鼻から出た水を拭い終わらないうちに、とんでもない方向からものすごい勢いで笑わかされ、そうかと思えばやっぱり感動して、またえぐえぐと泣いたり。
オル・ゴール編とヴォーカル編の前半は、やっぱり読んでて辛いというか胸が痛かったんですが、そんな中、19〜21巻のサブ・ポジョンというかバック・ポジションな面々のお馬鹿すぎる展開(詳しくいえば、スフォルツェンドでのコルネット騒動)に、もう声も出ないほど笑いまくり、腹筋が激しく鍛えられました。
そして、初登場のときからずーーーーーーーっっっと大好きだったキャラが最後の最後まで私のツボをおさえまくってて身悶えました。

あと、ちょっと一歩ひいて冷静になって考えてみると、「巧いなぁ……」と感じる設定や、作者の方のたゆみなき情熱などなど、見習いたい!と思う点も多々あり。
とにかく、面白かったです。大好きです。墓場まで持っていきます。


嗚呼しかし、いったいどこに置こう、37巻分のコミックス。
賽の河原の石のごとく積みあがった資料本に床を占領されまくって久しいので、そろそろ決断して、でかい本棚を買うしか……(泣笑)

Posted by 藤原眞莉 at 12:42 | 野球話 | -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 12:42 | - | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile

クリック募金