<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

硬直

メルフォからいただいた質問等々へのお返事記事(とても長い)が、キー操作ミスで全部吹っ飛びました

ちょ お   ……私の馬鹿ーーーー!!!!!orz






心がベキバキに複雑骨折しましたが、さすがに悔やし文だけでは失礼すぎるので、端的に!








Q:王ロマ第三部(続き)はないの?

A:ないんです、ごめんなさいorz



Q:神巫うさぎの続きは?

A:あと一冊で完結予定だったんですが、…… …… ……ごめんなさいorz 

プロットだけは完成してるのですけれども、その前後から心身ともに最低最悪の状況に陥り、いま現在に至ります。。。。。。。。
ちなみに仮タイトルは「神巫うさぎと王子様と月夜の婚礼」でした。



Q:王ロマの、リカとミシェルが歌う唄のもとっていうか、原曲みたいなものはありますか?

A:ありんす!

Johnny I hardly knew ye という、アイルランドの反戦歌です。
トラッド・ソングなので、世界中のいろんなひとがカヴァーしてます。
一例(PC版YouTube)

訳詩は……タイトルをコピペって検索GOGO!





Q:天帝譚の続きは?

A: …………… な い ん で す 。

続きが出なかったのは、いわゆる「おとなのじじょう」に因るところが一番大きいです。
また、9巻が出た当時、編集さんから「天帝譚は世に生み出すべきではなかった」との言葉までたまわりまして。
友人からは「私家版(いわゆるひとつの同人誌)で出したら?」という提案があったのですが、仕事しながら私家版も作るということはあらゆる面で不可能で、なにより、受けたショックが強すぎてどうにもこうにもならないままです。

そして一ヶ月ほど前、メルフォからこのようなメッセージが届きました。


:::::::::::::::::::::::::

いつ絳星と昏藤の物語を終わらせてくれるんですか?

私、それをずっと待ってました。何で終わらせることができないんですか?

ネタがないから?

申し訳ないですが、私にしたら、カイとテンの話はどうでもいいです。

そんなものより、私は絳星と昏藤の話の完結を望みます。

あなたにどういう事象が降りかかったのか、私は分かりませんし、知りませんし、ぶっちゃけどうでもいいです。

ただ、一度始めた物語は完結させてほしい、ただ、それを望むだけです。

:::::::::::::::::::::::::


とても率直な内容なので、勝手ながら私、思考が仮死状態になるほど凹みました。ベッコベコに。
とはいえ、天帝譚の続きを読みたいというひとにとっては、これが偽りない本音なのかと。


でも残念なことに、私自身に降りかかった事象により、私は物語を綴ることを止めました。
小説を書き続けるには心身が限界で、発狂することもできなかったので、小説を書かない毎日をいま生きてます。
それについて「どうでもいい」のであれば、天帝譚を書いてた人間は、「読みたい」という声に対して、もう死にました。
どうでもいいひとはどうでもいいかんじに死んでるので、まずは姫神さまアナザー版を書きます。書きたいのです。
死人の戯言と、本音です。

そうして、姫神さまのアナザーを書いたあとに。
可能であれば、天帝譚の最後の物語を再構築したいと思うております。


天帝譚のラストはもうずっと頭の中にあるのですが、そこに至るまでのプロセスと、世界設定その他諸々をスポーンと忘れてしまってる(既刊の順番も見事に間違えましたorz)ので、文庫を読み返すところから始めないとどうにもならないという。。


ともあれ、まずは絶対に姫神さまアナザー版。
本当は年内に書き上げようとしてたのですが無理だったので、桜の咲くころまでには!
<●><●> カッ




Posted by 藤原眞莉 at 00:53 | Q&A | -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 00:53 | - | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile

クリック募金