<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

V2達成!
WBC決勝戦、生放送見てました。
スターティングメンバーに川崎選手がいないとわかった途端、力尽きてしばらく寝こけてましたが。。

きっと僅差の試合になるだろうとは覚悟してましたが、案の定でしたね。
テレビの前で絶叫しまくりでした。
すごい試合でした。
延長10回表のイチロー選手のあの神の一打のあとは、緊張のあまりに吐き気もよおしてうずくまってました。おおおおお。

ともあれ。
選手や監督、コーチ陣、裏方さんたち、ほんとうにほんとうにお疲れさまでした!!!
ハラショー!!!!!!!



集合記念撮影のときに最前列でセクスィー・ポーズきめてた某選手や、シャンパン・ファイトのときに胴上げされるかと思いきや足蹴にされた某選手やら、見ているこちらまで楽しくなってくる映像にニコニコしっぱなしです。
そして、とあるウェブニュースを読んで悶絶。

→ 帰国前会見のひとこと集(PCリンク) 

川崎選手は……宗リンはほんとにもう……ほんとにもう……可愛すぎて萌える!
もはや萌えるとしか言いようがない!
ひとりだけなに言ってるのかなもう!
かわいすぎるわ!!
Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 13:06 | 野球話 | -

胸うたれる
何気なく開いたYahoo!のトップからつながっていたこの記事を、何気なく読みました。

高校野球の最後のバッターのヘッドスライディングについて(PC版リンク)


ベストアンサーな回答を読む前に、「泣き顔を隠すためじゃないのかな?」と私は思っていたのですが、
胸にこみあげるものがあって、こっちが泣きそうになりました……


 

Posted by 藤原眞莉 at 06:46 | 野球話 | -

逆夢(さかゆめ)
WBC第二ラウンド、日本vsキューバ。

18−1で日本大負け中

どうですか、解説のタカハシさん


………という夢を見ました。

「ぃぎゃああああああ!!」と気持ち的に絶叫しながら起床。
あわててテレビつけたら、3−0で日本がリードしてました。
ああよかった……。

それにしても、「解説のタカハシさん」って誰。 

Posted by 藤原眞莉 at 22:53 | 野球話 | -

WBC第一ラウンド
昨夜は大騒ぎでした。
イチローはイチローなんだから多少打撃不振がつづいてもそこまで深刻になるこたァなか!と思いつつ、やっぱり打ってくれるとスカッとしますね! あああよかった〜!
二打席目のバントはびっくりしました。
バントするイチローなんて……オリックス時代にもなかなか記憶にないような。
ああっ仰木監督、天国のそちらでも中継を見てますか…!

去年のオリンピックのことがあるので、きっと今日は胃の痛くなるような試合展開(先制点を取られて苦しめられるか、一点差を競う投手戦)だろうと覚悟してたら、まさかのコールドゲーム。
同じく中継見てる友達とメールしながらTVにかじりつきだったんですが、福岡地方、途中でまさかの地震発生。
そして、その直後から突然の腹痛発生。 
な ぜ … !

厠にしばらくこもってたら、いつのまにか日本のピッチャーが交替してて、守備に宗リン(川崎選手)がいました。
ちょ、杉内投手とジョー(城島選手)の久々のバッテリーをもっと堪能したかったのに!orz


明日は第一ラウンドの決勝ですよ。
今度こそ接戦になりそうな予感。
日本の先発、調べてみたら、楽天イーグルスのひーちゃん(岩隈投手)なんですね。どっきどき。




選手を愛称で呼ぶの、ファンのあいだでは「ああ、あのひとのことね」とすぐ伝わるのですが、しかし、「まーくん」は少なくとも二人いるのでたまに混乱します。
楽天のまーくん(田中将大投手)と、ホークスのまーくん(馬原投手)…。
「まっちゃん」だと松中選手です。
「しゅんちゃん」は、世界一低いアンダースローでおなじみのロッテの渡辺俊介投手。

ホークスの選手だと、

・わっち=和田選手
・ヒロシ=柴原洋選手
・なぎぃ=新垣渚選手
・お杉=杉内投手
・しょーちゃん=井手正太郎選手
・トリさん=鳥越二軍監督

などなど。
これを憶えれば、あなたも鷹党。
本多選手=ポンちゃんというのもあるんですが、これはファン命名ではなく、選手同士で呼び合ってたところから来てるというのがなんとも。
(川崎選手が試合後のお立ち台でうっかりそちらの名前で呼んでしまったため、ファンのあいだでも浸透、定着)
ハタチもとうに超えた大人の男たちが、そんなかわゆらしい愛称使ってるなんて……ぷるぷる。

Posted by 藤原眞莉 at 17:23 | 野球話 | -

もらい泣き
昨夜の五輪ソフトボール、金メダル獲得おめでとう!
おめでとうございます!!!

試合開始からずっと生中継観戦してて、試合終了の瞬間にかなりうるうるきてたんですが、テレビの実況解説にいらしてた宇津木元監督が声を詰まらせてるのを聴いて、一気にもらい泣き。
本当におめでとうございます……!!


水曜日のホークス戦は別の意味で涙目でしたが、五輪野球ももちろんチェックしてます。
なんだか一昨年のワールド・ベースボール・クラシックを彷彿とさせる決勝トーナメントに、今から心臓バクバクです。
試合内容もそうですが、選手の方々がこれ以上怪我や故障等々しないように真剣に祈ってます。いやもう本当に。本当に。本当に!!(←WBC決勝戦のトラウマ)

Posted by 藤原眞莉 at 12:16 | 野球話 | -

勝ちまけの問題
3/20のプロ野球、パ・リーグ開幕戦、まさか勝つとは思わなかったです。
自宅でテレビ観戦してたのですが、いやー、楽天の先発・岩隈投手の好投ぶりとホークスの貧打ぶりにうちひしがれて仮寝という名のフテ寝をきめこもうとした途端に楽天の投手交代、逆転サヨナラ勝ちでアレー!?でした。
まさか今年も「私が見てないと打つし、勝つ」の法則が…?
だけど復刻版ユニフォームでの試合、是非とも観に行きたい!!

そんな一方、花粉症と黄砂に毎日やられてます。
帽子+マスク+手袋で、できるだけ肌を出さないようにしてるものの、唯一露出してる目元付近が肌荒れして泣いてます。痛いよう、痛いよう!!
今年は飛散量が少ないのと、毎日ヨーグルト食べてるおかげか、くしゃみとハナは例年ほどではないにせよ……これはもうゴーグルでもつけて外出しろとでも……?
あと、日光アレルギー持ちなので、日傘もそろそろ出動せねばなりません。
難儀。

ところで今日の夕方は、福岡ローカル局による開幕記念・ホークス特集番組があるので楽しみです。
これはたぶん、去年の開幕日に特番放送されたアレ(ホークス出身の解説者数名が集まり、今年の戦力の分析から現役時代のいろんなエピソードを暴露しまくるという大変フリーダムだった番組)なのでしょうか。
去年は、同期入団の若田部健一氏(投手/通称「若様」)と浜名千広氏(90年代ホークス一の美男子といえばこの御方でした)のおふたりも出てたんですが、えー、当時球団側から浜名氏に「ドラフトでは君を一位指名するからね☆」と伝えられていたにもかかわらず、実際に一位指名されたのは若田部氏(複数球団指名により抽選になりました)で、それ以来、浜名氏は若田部氏にあんまり近寄らなかった(例:若様登板時、打ち込まれてピンチになったとき、他の内野手はピッチャーマウンドに寄っていって声をかけるのに浜名氏だけ無視)というのに笑いました。
その若田部氏はなかなかの天然ぶりで、ご本人いわく、「現役時代はいついかなるときもポーカーフェイスで投げてた」とのことでしたが、彼の現役時代を知るファンは全員、テレビの前で「いやいやいや!!」と激しくツッコんだことでしょう。
そしてどうでもいい話ですが、その若田部氏と浜名氏がまだルーキーだったころ、私はむしろタイガースファンでした。
そのころの虎といえば、あの新庄氏がぴっちぴちの新人だったころです。
わあ、なつかしい〜。
というかこの話題が通じるひと、いったいどれぐらいいるんでしょう〜(貼り付けた笑顔)

Posted by 藤原眞莉 at 12:49 | 野球話 | -

試合が終わりました
第二ステージに進んだのは、千葉ロッテ。
鷹の2007年の闘いは、シーズンは終わりました。









悔しい、とか、哀しい、とかいう感情もなにも浮かばず、ただ沈黙中。
。。。

Posted by 藤原眞莉 at 21:46 | 野球話 | -

さて本日
パ・リーグのプレーオフ(意地でもCSとか言わない)第一ステージ、第三試合。
第三戦まで来たことだけでも、かなりホッとしてます…。
昨夜は試合開始時刻になるなり、地元ラジオ局の実況解説に貼りついてたのですが、鷹の打線がいきなり爆発して目が点。
もちろん、ものすごく嬉しかったんですが、あれっ?とビックリするほうが先でした。
今シーズンの打線のよわよわぶりの印象のほうが、あまりに強かったんで…。(第一戦でも、そのよわよわぶりが遺憾なく発揮されてたし……)
先発の杉内投手は、「流石」の一言。
短期決戦にめちゃくちゃ強いんですよね、おすぎ(←鷹ファンのあいだで定着してる愛称)。昨日の試合が始まるまで、すっかり忘れてましたが。
ごめんなさい、おすぎ。やっぱりあなたは強かった。
投手としての実力もそうだけど、彼はとにかく、ハートが強い。
あと、酒が入ると「俺は宇宙一、嫁さんを愛してる!」と叫んで、なぎぃ(新垣投手)やわっち(和田投手)にうざがられてるおすぎ、とても好きです。
や、酒が入らなくても愛妻家ぶりは変わりませんけど。
以前、インタビュー記事を読んでて「ごちそうさま…」とほっこりしてしまいました。

ともあれ、今夜は緊張の第三戦。
勝ったほうが、次のステージに進出です。

……千葉にいる鷹関係者全員にこれを飲んでいただきたいです。
元寇のときに神風吹かせたとされる筥崎八幡宮と、地元・大賀薬局による、コラボレイト・サプリメント。
梅の香りがほんのりと

Read more ?

Posted by 藤原眞莉 at 12:42 | 野球話 | -

書き置き(未然)
今日の夜のプレーオフ第一ステージ(※くらいまっくすしりーず、という名称は長いやらなにやらであんまり使いたくない、というより、三年分の怨讐があるのでどうしてもプレーオフと言いたい複雑なココロ)の試合、鷹がイヤーンなことになりましたら、十日間ぐらい、ブログの更新止まるかと思われます……。
(サイトの刊行スケジュール一覧の更新ぐらいは、なんとか頑張りたいです)

昨日の試合のイヤーンぶりだけでもう、私の凹みっぷりは半端なかったです。
同じくテレビ中継を見てる友達とメールであれこれ言い合い、
「明日の先発投手は稲尾様(※地元局で解説しておられました)でいいんじゃないか?」
「だったら、スターティングメンバーは一番・秋山、二番・川崎、三番・井口、四番・王、五番・城島で!」
などというドリーム中のドリームチーム編成にいそしみだしたり(現実逃避モード)。

第一ステージの展開を盛り上げる、という意味でも、今日の鷹には踏ん張っていただきたい…!

Posted by 藤原眞莉 at 11:32 | 野球話 | -

熱戦でした…
夏の甲子園決勝戦の日、博多もこんなに晴れてました。
試合開始まであと五十分のころ。



でも、六回あたりから雷雨に……。
ばしゃばしゃ降るその雨音を聞きつつ、「今年のホークスも、急な雷雨の中で逆転勝利したゲームがあった! だからこれは雷神様(菅原道真公)からの声援だよ、頑張れ佐賀北!!!」と叫んでました。
横でいっしょにテレビ観ていた母上が軽くひいてましたが、私は超真剣でした。はい。


今年の決勝戦も、なんだかもう、すごかった。すごかったですよね。
語りだすと本当に止まらないので、感想をひとことで表すと、「99年に福岡ダイエーホークスが初優勝した試合を観ていたときの感覚を思い出すぐらいにドキドキして感動」しました。

試合を観ているときは、興奮してわぁわぁ騒ぎ、拍手したり祈ったり。
そして、この日の夜に「熱闘甲子園」を見て、「ああ、夏の甲子園が今年もまた終わったんだなぁ…」としみじみ泣きました。

そうそう。昨日の夕方は、ローカル番組に釘付けでした。
決勝戦があってるときの地元の映像に「うんうん、うんうん」と優勝の喜びを噛みしめつつ、佐賀北の人々が博多駅に着くところの生中継でホワワンと和みました。
博多駅の改札口に詰めかけた人の多さ(2003年のプロ野球日本シリーズで阪神が博多駅入りしたときと同じぐらいの人出だったとか)に、選手が「!?!」とキョドる顔がとてもかわいかったです……でもすぐに順応してカメラ目線で笑ったりポーズきめたりしてる姿がまたイイ!


余談ですが。
決勝戦の八回裏以降、興奮しすぎてケータイのメール着信にも気づきませんでした(すぐ目の前に置いてるバッグにケータイが入ってたにもかかわらず)。
メールきてることに気づいたのは閉会式も終わったあとで、でも内容は決勝戦のことだったので、「テレビ中継に夢中でメールに気づかなかったよゴメン!」と返信すると、「(返信なかなかこないから)甲子園に行ってるのかと思った…」という一言が。
いやー。
あと五歳若かったら確実に突撃してたはずです、きっと……。ははは。

でもいつか、「夏の甲子園観戦・一泊二日の旅」をしたいです。
一日目は第二試合から観戦、二日目は全部の試合を観戦して博多に帰る旅。
そのためには……いろいろ努力せねばです。特に体力。。。

Posted by 藤原眞莉 at 06:54 | 野球話 | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile

クリック募金